スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イマジネーション

2016/12/05


この橋は前回の滝のところにかかっていた吊り橋です。

川底から10メートルくらいの高さでしょうか。

多少揺れますがこのくらいの高さの橋は平気ですが、怖がっている人も大勢いましたね。

しかし、これが高さ1000メートルもあったらさすがに私も躊躇しますよ、たとえ手すりがあってもロープが切れないとわかっていてもです。

潜在意識はイマジネーションに影響されますから、私たちがイメージした通りの結果を現してくれます。

この橋が怖いと思った瞬間、身体は反応し足がすくみます。

今ではイメージトレーニングはどこでもされていますが、心の底から良いイメージを持たなければ潜在意識に働きかけることはできません。

一瞬でも負のイメージを持ったら成功はありません。

例えば、スタントマンが失敗した時よく言っているのはスタントをやる前に「一瞬の不安がよぎった」と・・・

私たちにある潜在意識はイメージした通りに働いてくれます。

潜在意識はコントロールできませんから、顕在意識をコントロールして常に良いイメージを持つ習慣をつけることだと思いますね。

常に心をポジティブな光で満たしておくと例え少しの闇が入ってきても一瞬で消えます。

良い人生を送りたいなら考え方と行動を常にプラス思考にしましょう。

ではまた
スポンサーサイト

意識をコントロールする方法

2016/11/20


先日、紅葉を見ながら東洋のナイアガラ原尻の滝を見に言ってきました。

かなり雄大で大きかったですね。

雨が降って水量が増えたらもっと凄いと思った次第です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は意識について投稿します。

私たちが日常使っているのが顕在意識で表面の客観的意識、内面にある主観的意識が潜在意識です。

このバランスがとても大事ということに気づきました。

最近、重心軸や重力軸など体のバランスを研究していますが、意識のバランスがとても大事なことが分かったんです。

顕在意識と潜在意識がコントロールできれば悩みや病気などの問題は存在しないということです。

顕在意識は客観的意識で潜在意識は主観的意識とされています。

顕在意識はコントロールできますが、潜在意識は無意識の意識ですからコントロールできません。

しかし、顕在意識の思うことはなんでも聞きますから、自分の想い通りなるということもできますね。

例えば、船の乗組員に例えると船長は顕在意識で船員は潜在意識です。

船長が右に舵を取れと言うと船員はそっち行くと浅瀬に乗り上がると思っても言うことを聞きます、船長の言うことは絶対ですから。。

顕在意識が思ったことは何でも潜在意識が現実化してくれます。

今、あなたの人生が健康で幸せで経済も豊かなら顕在意識はプラス思考ですが、痛みや病気がありいろんな問題がある人は顕在意識はマイナス思考が優勢ということです。

私たちの意識は自分が思った通りの現実を見せてくれます。

全部自分が創った世界に生きているんですね。

潜在意識は善悪などありませんからネガティヴな感情だろうがポジティブな感情だろうがどちらでもいいんです。

船長の命令は絶対ですから・・・と、言うことは意識はコントロールできると言うことになります。

意識的にマイナス思考をやめることです。

顕在意識は潜在意識の門番でもあるのでマイナスをブロックすることもできるんです。

マイナスを通さない、しっかりした門番を創るのは自分です。

詳しくしたい方はメルマガを読んで見てください。

長くなりますから、続きはまたにします。

ではまた




自己療法

2016/11/16



今日は少し波がありますが最高の天気ですね。

深まりゆく秋を感じています。って、毎日海ばかり見ているので山の景色は見えませんが、空気にそん感じがあります。



今日は自己療法を研究しているので少し紹介します。

自己療法とは自分で自分を守ることです。

症状や悩みのサインをセルフリーディングで探しだし原因を解決する方法です。

私たちは地球の重力に支配されています。

そして、その重力で重心のバランスをとり生活をしていますが、ストレスやなどにより、その重心バランスの修正ができずズレてしまっています。

そのことにより、身体の不調が起こり痛みや症状のサインが出ています。

このサインは「バランスがズレていますよ」と体が知らせてくれています。

このサインが出ているところを今の医療では治療します。

根本の原因は別の所にあるにも関わらず対症療法し、本当は悪くないところが悪化しています。

自己療法ではそのサインに気づき、セルフリーディングすることで重心バランスの乱れを整えます。

そして、自己療法を習得することで自分の身体を自分で守ることができるようになります。

自分の人生の絵を他人に描かせてはいけませんよ。

ではまた

周波数で身体を調整!

2016/10/27


秋晴れの良い天気になりました。

今、ワカナが釣れているようで小舟がヒコーキというものを引っ張るトローリングをしています。

私も近所の人が釣った新鮮なワカナのおすそ分けを頂きました。

さらに、燻製ワカナも美味しくいただきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は、前回の周波数の続きです。

周波数調整は面白いです。

ドイツでは本格的な機械で実験しているようです。

私の方法は機械がなくても自然界にある周波数を使うことができることがわかりました。

特に、自分の周りに存在する周波数なら簡単です。

まだまだ、実験段階ですがいろんなことができるので試しています。

痛みの軽減は100%解決にはなりにくいですが軽減はしますね。

今、私のメタボな腹をなんとかならないか実験を開始しています。

セルフリーディングすると30%くらいの効果になるそうで2週間経つとまたそこでセルフリーディングする必要があるそうです。

その後はまた1ヶ月後にもう一回聞く必要があります。
その後はまたその時聞くことだそうです。

今日から始めたので結果は後日投稿しますね。

ではまた

周波数で痛みを軽減!

2016/10/15


今日は最高の秋晴れですね〜!

波は穏やかで朝から釣り人がサロン前の島に来ています。

何が釣れるんでしょうか?

海にも白い漁船が漁をしていますよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、周波数を使って実験中ですが途中経過を発信しますね。

人の可聴域は20Hz〜20kHzと言われています。

しかし、身体はもっと広い範囲を感じることができるそうです。

ちょっと話は逸れますが、現在の音楽はデジタル音源のCDが主流です。

このCDは音が数値化され録音されているため可聴域が決まっています。

その上、デジタルなので途切れた音になり、私のようなアナログ人間にとってはとても聞きづらい音になっています。

その点、昔のレコードは可聴域はなく人の耳に聞こえない音まで録音されているのでごく自然な音源に近いと言われています。

これは、人は耳だけで音を聞いているわけでなく音の振動を体全体で感じているからなのです。

ですから、ライブの方が気持ちいいんですね。。

そこで、今回は周波数を使った痛みの軽減を実証することにしました。

まだ、途中ですが経過をお知らせします。

まず、自分で実験した結果です。

この春手首を骨折し、その影響で指の関節が固まり痛みを伴い曲がりにくい状態を改善した。

自分に聞いてみると周波数212Hzで50%くらい軽減するということで早速開始、するとなんとすぐに指の強張りが取れていく。

すごいの一言だ!

しかし、効果は12時間と言っています。

またその都度聞いて実験してみます。

この実験は、スマホの周波数アプリを使っているので、もし痛みを軽減したいと希望の方が居られたら実験に参加されてください。

アプリをダウンロードされ「○○の痛みを軽減したい」とメールください周波数をお知らせします。

ではまた

========
*お知らせ
========

毎月第3日曜午後1時30~3時30

「自分の身体は自分で守る」勉強会を開催中でお気軽にお越しください。

会場 ネイチャーセラピーゆうゆ

参加費 300円

詳しくはHP(http://tota.kohama-youyu.com)をご覧ください。
 Home Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。