スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主食の米

2013/02/28


目に見えないレイキでエネルギーワークをしていて、

いつも最高で今回が最後の伝授だろうと思っているんですが、

レイキエネルギーとは全く違った形でもっと凄いのが現れてきたんです。


今回その凄いのを1泊2日で目に見えない力の伝授を受けてきました。

今回は今まで受けた色々なセミナーの伝授とは全く桁違いなものでした。

と言ってもまだ全然使っていないからさっぱり分かりませんけど、効果が確認できたら紹介します。


主食の米

ここでは現代栄養学の必要栄養素やカロリー計算などほとんど無意味と言える。

現代栄養学に従って食事をしていたらかえって病気と短命の原因となってしまう。

ご飯と味噌汁とわずかのオカズで十分である。 主食とは主に食べる物という意味である。

主にとは50%以上、60~70%くらいが当然である。 主食に最適なものは米である。

麦やパンはあくまで代用である。米と麦では主食の質のレベルが違う。

米が格段に良い。地球上には全人類に米を食べさせることができるくらい十分な米が作れるようになっている。

たまにパンを食べるのは良いがパンは食べ続けると直ぐ飽きてしまう。

麦、トウモロコシなどはあくまで代用食である。米ほどの良い主食は地球上にはない。

ということは米選び、米探しに全力をかけてもいいくらい、

米の血液変化に与える影響は多大だということである。(間違いだらけの健康常識より)

ではまた


* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催
 
 * 申し込み締め切り3月8日まで

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催


* 申し込み締め切り3月15日まで

お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」からお入りください。
スポンサーサイト

塩とおかず

2013/02/26


今日はお休みですが大分で1泊2日の研修です。

本当は明日研修なんですが、温泉好きなのでちょっと入ってきます。

塩とおかず

人間の健康に重要なのは波動測定では、塩の質です。

その割合は30%で、どんな塩を使用するかで血液に大きな影響を与えるといえる。

健康の1/3は塩の質で決まるということになる。

海の塩、自然塩ではにがりの凝固作用で腎臓など内臓、細胞、身体全体が硬化し、短命の原因となってしまう。

血液の質に対しては30%の影響だが、寿命に与える影響ではあらゆる食品、

調味料の中で最大の影響を与えるほど最重要なものである。

自然塩は短命の最大原因になることを肝に明記して頂きたい。

次いで、副食が10%くらいの影響を与えます。御飯を軽視し、

クッキングブックで多種多用のおかずに目先を奪われて、あれこれ作ってみたり、

体に良くない食品添加物の含有された加工食品を買いあさったり、

嗜好品を食べすぎたりした結果、ならなくてもいい病気になってしまうケースがあまりにも多い。

健康に10%しか影響のない副食の料理に高いお金と時間をかける必要はない。

本当はなくてもいいくらいのものである。

副食の食べすぎはかえって体調を悪くし、病気が治りにくくなる。

副食は主食の1/8で十分である。子供たちにもオカズより御飯をしっかり食べることを

教えていかなくてはならない。(間違いだらけの健康常識より)

ではまた



* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定
 
 * 申し込み締め切り3月8日まで

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定


* 申し込み締め切り3月15日まで

* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

主食

2013/02/25


私はめったに朝ご飯を食べません。

という話をすると「朝ご飯は食べた方が良いですよ」と言われます。

多くの方は朝食は食べないと元気が出ない、昼食まで持たないなどと言います。

しかし、実際に健康で元気な人を見ると、朝食を食べていない人がかなり多いのです。

むしろ多くの日本人は、毎朝の習慣でお腹が空いていなくても食べてしまっています。

現在は豊富で栄養のある食べ物が多く、むしろ食べ過ぎているくらいです。

食べる食べないは個人の自由ですが、少食は健康を維持するためには欠かせないと思います。

以下間違いだらけの健康常識より

主食について

健康にとって最も基本となるのが血液である。

国際自然医学会会長でお茶の水クリニック院長の森下敬一氏は、『浄血健康法』の中で、

血が骨髄で造られるという医学常識をくつがえし、

赤血球母細胞が腸の壁にだけ在るという実験的事実から、腸における造血説を打ち出し、

食物(消化器官)からその栄養が血球に入り、血球が分化し体細胞となることを明らかにし、

腸内で腐敗しない食物をとることで健康になると書かれている。

私が健康の基礎となる血液に与える影響度を測定(波動測定による)したところ、

主食の米が血液変化に対して60%もの影響を与えるということが明らかになった。

だからといって無農薬の玄米を食べ続けるとフィチン酸の悪作用で寿命が縮まる原因となってしまう。

主食に最適の米は白米が最も適している。8分づきでも、発芽玄米でもフィチン酸の害が残ってしまう。

発芽玄米が大ブームになっているが玄米は発芽しても20%ほどのフィチン酸の害がまだ残っている。 病気治しには

効果あるが少し短命の原因になることを知って、食べるのはある一定短期間のみにして下さい。

ではまた



* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定
 
 * 申し込み締め切り3月8日まで

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定


* 申し込み締め切り3月15日まで

* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

風邪の初期

2013/02/24


今朝は良い天気で空の青と海の色が深い青と波の白のコントラストが綺麗です。


風邪の初期

風邪のとき、長ねぎの根の白い部分を5センチほどみじん切りにし、

親指の頭半分くらいのひねしょうがを摩り下ろし、みかんの皮、3センチ四方くらいを細かく刻み、

味噌小さじ半分、かつお節ひとつまみを用意し、大きめの湯のみ茶碗に入れて、

熱湯を注ぎかき混ぜる。熱いうちに飲み、暖かいおかゆを食べてすぐ寝るようにして下さい。

軽い風邪なら翌朝までに治り、熱も下がるでしょう。

高熱が出た場合は第一大根湯を飲んで、布団をたくさんかけて全身から汗を出して下熱して下さい。

第一大根湯は盃3杯の大根おろし、1割のしょうがおろしに醤油盃1.5杯から2杯加え、

熱い番茶を400ccほど注いで作ります。 病院で抗生物質の注射をし、薬をもらい、

熱を下げて風邪が治ったと安心しがちですが、

根本原因である酸性の毒素が身体から抜けたわけではないので又、風邪をひくようになります。

毎日の食事を改めることが何よりも大切です。(間違いだらけの健康常識より)

ではまた




* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定
 
 * 申し込み締め切り3月8日まで

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定


* 申し込み締め切り3月15日まで

* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

排毒

2013/02/23




排毒作用

細菌、ウィルスは血液の汚れ、毒素を食べてくれ、増えていくのですが、

ある程度毒素を処理すると菌の役目が終えるのでこれを整理して元の身体に戻すために、

これに抵抗する白血球が動員され、この抵抗が発熱という症状として現れるのです。

細菌、ウィルスは体内の汚物、毒素を分解処理する清掃局のような役目をもって、

身体を守るためにやってくる天使の使命があったのです。

陰性の酸性食品には砂糖、甘い菓子類、ジュース、牛乳、植物油、

など陽性の酸性食品には肉類、魚介類、卵、マヨネーズ、チーズ、バターなどがあります。

ではどうして血液が汚れるのでしょうか? 甘い物、砂糖が手に付いたら手がべトべトしますね。

水の中に入れたらドロドロとしてきます。肉や魚介類の料理をしたら鍋も茶碗もべっとりとしますね。

水の中に肉や油を入れたら汚れを落とすのが大変になりますね。

これと同じで体内の血液の中にこれらの酸性食品が入ったら、べトべト、ギタギタ、

ベットリとして血液も血管も内臓も汚れていくのです。

これを体内で分解処理するのがいかに大変か想像できると思います。

体内では、お皿や鍋を中性洗剤で洗うような訳にはいきません。

この過剰な酸性食品の汚れの処理で臓器に大変な負担がかかるのです。

酸性食品を食べてはいけないと言っているのではありません。食べる量が多過ぎるのです。

極、少量にするか、1週間に1回にするとか、食べる量を減らしていかねば臓器は疲れ、

よく風邪をひくようになり、寿命も縮まっていきます。 甘い物や牛乳、植物油、

肉類、魚介類は全く食べない人はたくさんいます。

食べなくても栄養的にも体力的にも何の支障もありません。

主食とわずかのオカズ、ご飯と味噌汁だけで十分であり、このような粗食こそ最高の血液を汚さない、

長寿食なのです。

粗食と言うのでなく素食というべきでしょう。素食の少食こそ風邪をひかず、健康で長生きできる秘訣です。(間違いだらけの健康常識より)

ではまた


* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定
 
 * 申し込み締め切り3月8日まで

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定


* 申し込み締め切り3月15日まで

* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

風邪による排毒

2013/02/22


今日も寒いですが良い天気です。



風邪の排毒作用


風邪は体内に溜まった毒素を排泄するための現象です。

風邪は外部から風邪の菌やウィルスが入ってきて感染して熱や咳が出てきたものと考え

ウィルスが悪いと考えている方がほとんどです。

風邪の菌、ウィルスは悪いのではなく、むしろ、天使のような存在で熱や咳、

鼻水を通して体内の不要な毒素を排泄しようとして必死で働いてくれているのです。

血液を酸性に汚す食べ物を多量に摂って、体内に汚れた血液を多量にもっていますよ!と言う警告なのです。

風邪の菌による熱でも、原因不明の熱であろうと、その根本原因は血液の汚れです。

血液の汚れる食物を食べることで全身を循環した血液が臓器にどんどん入っていき、

古い血液は分解処理され排泄されます。

血液が汚れていると分解処理に何倍もの働きをしなければなりません。

この臓器のオーバーワークによって臓器が過熱するようになります。

ウィルスによって発熱した場合でも、内臓の汚物処理のためのオーバーワークによる発熱でも、

原因は酸性の汚れた血液が身体の中に溜まり過ぎたのが原因です。

酸性でも2種類の陰性の酸性と陽性の酸性の汚れがあります。

酸性の汚れ、毒素が臓器を全力回転させても処理できないので熱が出るようになるのです。

車やモーター、機械でもあまりの負荷をかけるとオーバーヒートするのと同じです。(間違いだらけの健康常識より)

ではまた



* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

玄米について

2013/02/21


昨日、急遽オーラレイキ入門講座とオーラヒーリングプラクティショナー養成講座を行いました。

本来なら2日間でやるのですが時間がないと言う事でみっちり1日で済むようプログラムしました。

受講生の方も1人だったので結構きつかったのではないでしょうか。

オーラレイキは目に見えない部分を感じ解るようになってもらうための講座です。

初めての方は「何のこっちゃわからん」と言う状態ですが、

大泉門という宇宙エネルギーの入る回路を開く事で

目には見えないエネルギーがどんどん溢れるように入ってきます。

すると不思議なもので練習を積んで気感を高めて行くと目に見えないエネルギーを感じ分かってきます。


この世界は目で見え感じるている部分は、人が認識できない部分のごくごく僅かなところしか

見えていないので、そこが少しでも解って来るとものすごい情報が無限に詰まっているのを感じます。

私たちもごくごく一部分しか知りませんからもっともっと気感を高めていこうと改めて思いましたよ。


玄米について

その他、玄米を食べ続けて体調が悪くなった人をたくさん見てきました。

玄米で数多くのガンや難病、生活習慣病が治り、どれだけの人が命を救われたことでしょう。

その実績は誰もが知るところです。

症状が消え、痛みが消え体調が良くなり、その効果は驚くべきものです。

しかし、効果があったからずっと続けて良いと判断するのは間違いです。

それを食べ続けて健康で長寿になるかという判定をしなければなりません。

ではどのようにして判定するのでしょうか。

それは体に聞くのです。Oリングテストで玄米を40年、白米を40年同じ条件で

食べ続けた場合どちらが長く生きることが出来るか判定するのです。

今、東洋医学の治療家の先生方がOリングテストで病気の場所の判定や薬の種類、

量などを測定しています。Oリングテストは今、世界中で医学分野で使われています。

食品などを測定する場合、それを食べる量と期間を入れて測定しなければ全く意味がありません。

この期間と量を入れて測定をした場合、白米より玄米の方が必ず短命になるのです。

何度、測定しても玄米の方が短命になります。

昔に、玄米でも長く生きたお坊さんなどいることはありましたが、

その人の生き方や持って生まれた長寿の運のせいだと思います。

白米だったらもっと長く生きられたと思います。

玄米を食べていた昔の平均的日本人は相当、寿命が短かったことは事実です。

玄米よりもニガリの自然塩の害による短命化の方がはるかに大きかったのですが。(間違いだらけの健康常識より)

ではまた



* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

玄米について

2013/02/20


今日は青空が見えています。

青い空は気持ちがよいです、青色は心を落ち着かせてくれます。

心を鎮めたい時は青を見ると良いですよ。


玄米について

玄米の件について、国際自然医学会会長の森下敬一博士の著書の中でこのように書いておられます。

農薬を使った白米と玄米の比較です。

通常、表皮や胚芽の部分に農薬が多く残留し、白米よりも玄米の方が体内での

残留が多いという現代栄養学者の玄米反対説に対しての反論学説です。

白米食と玄米食の体内農薬残留を調査した結果、玄米を食べた人より白米を食べた人の方が

農薬が多く残っていたというデーターです。

だから玄米の農薬は気にする必要なく、白米よりも玄米の方が安全で

ミネラルが多く理想の主食だという学説です。

この学説でたくさんの玄米党が増加したのは事実です。

しかし、この学説では体内の農薬残留量は玄米が少なかったと言っていますが

ミネラル残量は調査しておりません。

農薬が多く排出されたということは同時に存在するミネラルも

排出されたという事実を見落としています。

でも玄米にミネラルが多いからそれで帳消しになるのではないか。

いや玄米のミネラルが残るのではないかと玄米の効果を信じて続けてきた人が多いのではないのでしょうか。

現実は違います。たくさんの治療師や東洋医学の先生方が玄米を食べ続けるのはよくないと

主張してきています。

私自身も整体道場をやっている時に体内毒素を出す目的で玄米菜食を徹底して指導してきました。

そして玄米を10年以上食べ続けてきました。

その時、甘い物一切食べないのに虫歯になる事がありました。

どうしてか理解できませんでした。

通院していた歯科医の先生も玄米を食べると虫歯になるよ!と言っていました。

玄米のフィチン酸の強力な排泄作用がカルシウムを奪うのだと思います。(間違いだらけの健康常識より)


ではまた



* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

玄米のアク

2013/02/19


今日は少し波が高くなってきました。

寒さもまたぶり返してきそうです。

夜なんだか喉が痛くなってきたので風邪が入って来たなと思い、

喉にレイキを20分くらい流すと喉の痛みはすっかり消え、改めて素晴らしいと感じて寝ました。

レイキを知らない方も痛みがある時はその部分に手を当てると和らぎますよ。

玄米のアクについて



甘い物を全く食べない玄米菜食に徹底している人や子供に虫歯になる人が多いのも

玄米のフィチン酸のミネラル排出作用によってカルシウムも奪われるからでしょう。

玄米、自然食の運動は病気治しを目的とした食養者達から始まりました。

玄米、自然塩で短期間で病気が治ったのは事実ですがこれこそ正しい正食だと

ずっと続けさせたのが間違いだったのです。

玄米のアクの強さで短命になることまで気づかなかったのだと思います。

結論を申し上げますと玄米より白米の方が人間の主食として適しているということです。

5分搗き、8分搗き、胚芽米でもアク作用でミネラルを排出していきます。

元禄時代より白米にし始めたというのはアクを処理する先人の知恵だったのだと思います。

フィチン酸の塊のような胚芽そのものの粉末やそれを発酵させた玄米胚芽加工食品がいかに効果があるか、

又、いかに害があるか理解できることと思います。

病気が治ったから、効果があったから健康に良い物と決め付けて自然のものを摂り続けると

そのアクの強力な排出作用で体がダメになっていくことをよく理解して頂きたいと思います。(間違いだらけの健康常識)より

ではまた




* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

玄米食について

2013/02/18



わりと暖かい雨の朝です。

今日は月曜日です雨が降っていますが、雨の氣をもらって元氣にいきましょう!

玄米食がよいのいか?

私は10数年前から玄米や発芽までして玄米を食べていました。

「間違いだらけの健康常識」を読んでから少し考えを変えることにしました。

苦汁についても知らなかったですが、常識も科学的に見れば間違いであったり

科学も未知の領域は解明されていないことが多く何が合っているかは

自分で判断しなければなりません。

みなさんも最終的には自己判断で以下を読んでみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

玄米には胚芽の部分にミネラルがたくさん含んでいるのに

何故ミネラル不足になるのか?ということです。

それは玄米の胚芽や表皮にフィチン酸という強力な排泄作用を持つ物質が多くあり、

毒素を出して病気を治していく作用がありますが同時にミネラルも出していくのです。

体内毒素とミネラルは別々の所に存在しているのではなく、

毒素とミネラルはいっしょに存在しているのです。

玄米食で体内毒素を出す時にミネラルも出ていくのです。

毒素が出ていけば病気の症状は消えていき、玄米を食べたから病気が治ったと確信し、

これからもずっと続けていこうと思う人が多いのです。

玄米を長く続けて体がおかしくなった人や短命になった人がたくさんいます。

フィチン酸の排出作用は強力なものです。

だから病気の症状が消え、ガンさえ治るのです。

玄米にミネラルが多いから病気が治るのではないのです。

玄米のアクが毒素を引っ張って出すのです。

本来、玄米の胚芽の部分は次の新しい生命の芽を出すための栄養として存在しているのです。

胚芽がないと芽が出ません。小鳥などに種籾を食べ過ぎられないように強いアクを持っているのです。

小鳥達は決して食べ過ぎません。

アクの強さ、分量を本能的によく知っているからです。

雀がたくさん飛んできても稲を食べ尽くすことはありません。

雀は害虫も食べてくれ、分を心得て共存しているのです。

雀は籾を何粒かしか食べないのに人間はアクの強い玄米を茶碗一杯も食べるのです。

玄米に含まれるフィチン酸は殆ど消化されず、体内の毒素とミネラルをたくさん引っ張り出していきます。

病気の時には短期間で効果がでますが、せいぜい数ヶ月から半年くらいで止めるのが理想です。

ではまた




* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

苦汁と高血圧

2013/02/17


今日は少し穏やかです。

少しずつ春がやってきています。

苦汁と高血圧


現代医学は病気の人に極端な減塩を指導します。

1日の塩分摂取量は2g程度にし、多くても7g以下に抑えるように指導します。

健康な人でも1日に10g以下を目標にするように指導します。

ラーメン一杯の塩分が7gほどですから、塩味の十分きいた美味しい

料理はほとんど食べられないことになります。

薄味の味気のない料理を食べるくらいなら早く死んでもよいから

美味しい物を食べたいと言う人が出るのもうなずけます。

現代医学が減塩信仰を広めてきたのは、日本人が自然塩の「にがり」の害によって

寿命を縮めるのを防いできたことはある意味で功績だと思います。

多くの老人が減塩によって無気力になり、ボケ、寝たきりになり見せかけの

データだけの無気力病人の最も多い長寿国になったという現実が残りました。

「にがり」の害のない塩、味噌、醤油なら普通の事務職の人で一日30gほど、

肉体労働で汗をかく人は一日50gくらいが適塩でしょう。

運動量により差はありますが。こんなにたくさんの塩分を摂っても何ともないのです。

一日2gというのは暴れる囚人に与える減塩食と同じようなものです。

まさに地獄のような味気ない食生活です。

言い換えれば塩分を一日2gに制限しなければならないほど自然塩は害があるということです。

全ての日本人が食べている自然塩で作られた味噌、醤油がいかに恐ろしい害があるということです。

自然塩の「にがり」の凝固作用は蛋白質で出来ている動脈を硬化させ、

動脈硬化に、静脈も毛細血管も心臓も徐々に硬化させていくのです。

細胞が硬化するということが如何に恐ろしいことかよく理解して下さい。

完全に「にがり」の害のない塩、味噌、醤油に切り替えることが

如何なる健康法を実践することよりも最重要であることを自覚して下さい。

一旦、硬化した腎臓、肝臓、膵臓、心臓、肺、脳、筋肉、神経、細胞は元に戻すことが

困難で色々な不治の病気へと進行し、寿命を縮めていきます。(間違いだらけの健康常識より)


ではまた


* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

高血圧とにがり

2013/02/16


今朝は海水から湯気が出ています。

此処はみぞれが降っていますが、山間部では雪が積もっているようです。


高血圧とにがり

アルコールの飲みすぎが高血圧の原因に上げられるのは、酒を飲む時に塩分の多い、

味の濃い料理を長い時間かけて食べるからです。

たくさん飲む人は2~3時間かけて飲み、食べ、更に二次会、ハシゴで飲んだりします。

知らないうちに酒のオカズから「にがり」の多い塩分をたくさん摂ることになり、

動脈、静脈、毛細血管、心臓などを硬化させ高血圧になるのです。

アルコールそのものは高血圧の原因ではありません。

肥満の人は高血圧になりやすいので、肥満にならないようにと言われていますが、

肥満になる人は食事の量が多く、その分、比例して塩分も多くなり、

自然塩の「にがり」の害を多く受けることになります。

ヤセの大食いも同じです。

太り過ぎ、食べ過ぎの人が運動不足で高血圧の原因になるのは食べた塩分を汗で排泄しないで

体内に溜め込むようになるからです。

運動しないより、したほうが「にがり」分を排泄することが出来ますが、

あまり激しい運動は寿命を縮める原因になります。

「にがり」の害のない塩分で適度な運動をしていけば、塩分の調節は水を飲むことで調節できます。

(間違いだらけの健康常識より)

ではまた


* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


リンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

高血圧とにがり

2013/02/15


今朝は雨が降っていますが、わりと暖かいです。

海は穏やかです。

高血圧と苦汁

血圧の上も下も、心臓の収縮力によって送りだされる圧カに比例していますから、

心臓の収縮力が塩分の不足によって低下した場合には当然血圧の上も低くなります。

また、送りだされる血液の圧力が低くなると、逆流する圧力も低くなります。

減塩すると心臓の圧力が不足し、末梢の細胞まで十分な血液が行き渡らず、脱力感、

イライラ、食欲不振、精力減退、思考力減退、ボケなど色々な障害が出るようになります。

刑務所で暴れる囚人をおとなしくさせる為に塩抜きの食事を与えると直ぐに暴れることが出来なくなる

と言われています。

塩は力と生命力の元なのです。

「にがり」の凝固作用のない塩、味噌、醤油ならいくら塩分摂っても害はありません。

好きなだけ塩分を摂っても良いと言ってもあまり多いと舌が受け付けません。

美味しい適塩の量は自然に舌と体が知っています。

そして余分の塩分は水分を欲し、尿と共に体外に排泄されていき、血液内はいつも最適な塩分量

になるように自動調節装置が働き調整します。

薄味の減塩の料理ほどマズイものはありません。

素材そのものの味が分かると言う方もいますが、それは医師に減塩を言われ仕方なく我慢しているに過ぎません。

やっぱり、塩味の十分にきいた料理とは比較になりません。

人間の味覚は舌で塩分に最も敏感に反応するように創られているからです。

人間の味覚で砂糖など甘さや、酸っぱさなどは全くなくても耐えられますが塩辛さはなくては耐えられません。

塩の使い方が料理と味覚の全てを決定してしまうのです。

低血圧や、貧血の人は、塩分を徐々に濃くしていき心臓の収縮力を強めると血圧の上も下も正常になります。

血液の中心要素は塩分です。塩気の足りない血液は力のない、病原菌に侵され易い、薄い、

弱い血液となります。 塩分の摂り過ぎが高血圧の最大の原因と言われているのが現代医学、

現代栄養学の学説です。

本来、塩分は好きなだけ摂っていいのですが日本人が摂る塩分は全て「にがり」の

多過ぎる原塩という自然塩で作られた味噌、醤油から大部分を摂る為、

蛋白質で出来た人体の全てを硬化させて多くの病気の原因となってしまいます。

病院は高血圧患者に塩分を摂り過ぎないようにと減塩を厳しく指導してきたのはある意味で

高血圧患者を守る為には正解だったのです。

減塩によって起こる病気や脱力感よりも、自然塩の「にがり」の凝固作用で腎臓や肝臓、膵臓、

心臓、血管を硬化させて、高血圧になったり、難病の原因になる方がもっと被害が大きいからです。
(間違いだらけの健康常識より)
ではまた



* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


リンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

苦汁と高血圧

2013/02/14


今朝は良い天気です。

鱗雲がめずらしかった。

にがりと高血圧の関係


高血圧まで自然塩の「にがり」の凝固作用が根本原因だったとは誰が想像し得たでしょうか。

血圧の上昇の原因が明らかな場合を「二次性高血圧」と呼びます。

しかし、これは高血圧全体の数%にすぎず、原因が特定できない「本態性高血圧」が大部分を占めています。

原因不明ですから血圧降圧剤を服用しつつ、美味しくない薄味の減塩の食事療法を一生続けねばならなくなります。

高血圧の原因となるものには、現代医学ではこのように言われています。

食塩の摂り過ぎ、アルコールの飲みすぎ、肥満、運動不足などです。

それ故、塩分の制限、節酒、肥満の改善、適度の運動など環境条件を改善すれば、

高血圧の発症を防いだり、発症を遅らせたり、上がった血圧を下げたりすることができるという

病院の指導がなされていますが大間違いです。

高血圧のほとんどを占める原因不明の「本態性高血圧」は自然塩の「にがり」

の凝固作用で蛋白質で出来ている動脈、静脈、毛細血管、心臓など

血液を循環させるシステム全体が硬化して血液が十分に送れなくなることが原因です。

その他、腎臓、肝臓、膵臓、肺など全ての内臓の硬化、機能低下も影響します。

更に、筋肉、神経、骨髄、全身の細胞の硬化も血液の循環を妨げていきます。

末梢まで血液が十分に行き渡らなくなったら細胞は死んでしまいます。

心臓に対して、各臓器や細胞から必要な血液が要求されます。

その必要な血液の量を満たすためには、圧力を上げて、細い血管を通過させなければなりません。

血圧が上がるという現象は、各臓器や細胞の機能維持や生命維持のためにとられている現象です。

したがって、この血圧を下げるということはその各臓器や各細胞の機能を低下させ、

生命を危険な状態に追いつめることです。

それを知らずに、ただ薬や減塩によって血圧を下げることは大きな間違いです。

心臓も「にがり」の凝固作用で徐々に硬化して血液を送るポンプの働きが悪くなっていくのです。

それでも末梢の細胞は十分な血液を必要としているので圧力を上げてでも

末梢まで血液を必死に送り届けようとしているのです。

血液が心臓の左心室から送りだされる時に、左心室内や動脈にかかる圧力を血圧と称しています。

したがって、血圧の上というのは、左心室がもっとも強く収縮して、動脈に最も多く血液を送りだした時に、

左心室内や動脈にかかる最高圧を指しています。

血圧の下が高くなるという現象は、心臓が収縮して、血液が動脈を通って末梢血管まで送られ、

静脈によって心臓に送り返されていきます。

静脈には逆流防止弁がついていますから、逆流はしません。

静脈は受け入れた血液を血管自体の収縮運動によって、先へ先へと送り、

右心房まで送り届けるようになります。

しかし、自然塩の「にがり」の凝固作用によって硬化し、収縮性が低下した静脈は、

血液を右心房まで送り届ける力が低下してしまいます。

その結果、左心室の収縮によって送り出された血液は、充分に静脈にバトンタッチされなくなります。

バトンタッチされなかった血液は、左心室が拡張するときに逆流してしまいます。

この逆流してくる圧カが高いことを血圧の下が高いというわけです。

要するに、血圧の下が高くなるということは、静脈が「にがり」の凝固作用で硬化して

収縮性が低下しているということです。(間違いだらけの健康常識より)

ではまた




* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


リンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

苦汁と糖尿病

2013/02/13


春が待ち遠しい今日この頃です。

水仙が花盛りで良い香り楽しめます。

苦汁と糖尿病

インシュリンは血管を通じて運ばれるブドウ糖が細胞内に浸透できるようにする働きをします。

また、血糖値が高い時は、肝臓でのグリコーゲン合成と貯蔵を促進し、反対にそれが低いときは、

貯蔵されたグリコーゲンを分解してブドウ糖につくりかえ、血中に送り込む案内者の役割を果たします。

胃の裏にある膵臓は、消化酵素を排出する一方、血中にインシュリンを分泌しています。


インシュリンは膵臓でも膵島(ランゲルハンス島)のβ細胞で作られています。

膵臓のランゲルハンス島のβ細胞で作られているインシュリンですがこのインシュリンを作る

細胞が自然塩のにがりの凝固作用で徐々に硬化していくことが判明したのです。

この事実を確認するために何十回とOリングテストを繰り返しました。

何度やっても膵臓のインシュリンを作る細胞を硬化していくのは

自然塩のにがりが最も影響を与えていました。

にがりで硬化した膵臓のβ細胞は徐々に硬化し、いずれほとんどインシュリンを

作り出せないほどまで硬化していくことが分かりました。

体の中で唯一血糖を下げる役割をしているのが、 膵臓のβ(ベータ)細胞から出る

インシュリンというホルモンです。 血糖を上げるホルモンはいろいろありますが、

下げる方はこのインシュリンしかありません。

インシュリンがいかに重要か理解できると思います。

にがりで膵臓細胞が硬化してインシュリンが出なくなったら人体にとって大変なことになるのです。

食べ過ぎの人がなぜ糖尿病になりやすいかという理由は、たくさん食べるとそれだけ

自然塩のにがりも多く体内にはいるからです。

食べ過ぎの人は太り易く、運動も嫌いになります。太れば余計、筋肉細胞はインシュリンを

必要とするのにインシュリンが作り出せないという悪循環に陥ります。

贅沢で?∽整??>美食家の人が糖尿病にかかり易いというのも、美味しい料理は

自然塩で十分な塩味が効かされているからです。

これを毎日たくさん食べるのですからにがりの蛋白質凝固作用で膵臓の細胞が硬化しない訳がありません。

糖尿病の人が喉が渇き、水を多く飲みたがり、尿が多く出るのは水でにがりを少しでも早く薄めて

体外に排泄したいという機能低下した膵臓をを守る防衛装置が働いている体の反応からでしょう。

自然塩のにがりは腎臓を硬化していくだけでなく、膵臓も肝臓も心臓も全ての臓器、筋肉、神経、細胞、蛋白質

でできた全身を硬化させていくということをよく理解して頂きたいと思います。

糖尿病では腎硬化症予防のために早期から塩分と蛋白質の制限を行います。

日本人が食べる全ての塩はにがりの多過ぎる自然塩だからです。

本来、減塩は良くないのですが自然塩だと減塩しないと膵臓のインシュリンを作る

β細胞が硬化して益々糖尿病が悪化するからです。 日本人の多くは自然塩で作った

味噌、醤油より塩分を摂っているのです。日本人は全員自然塩のにがりで

膵臓の細胞を徐々に硬化させ、インシュリンを作れなくしていっているのです。

糖尿病はあまり自覚症状はなく進行していきます。

日本人全員、程度の差こそあれ軽い膵臓障害、糖尿病にかかっていて

毎日少しづつ進行していっていると断言してもいいのです。

特にほぼ全員が自然塩を食べる日本人は欧米よりも3倍近く糖尿病患者が多いのです。

自然塩のにがりの蛋白質凝固作用がいかに恐ろしいかよくよく理解して下さい。

除草剤の猛毒が残留した魚介類によってガンになるのも恐ろしいですがガンは何とか治すことが可能です。

膵臓を硬化させる糖尿病は治しようがない不治に近い病です。

何をやるよりも味噌、醤油、塩を切り替えることが重要です。

自然塩のにがりは寿命をどんどん縮めて、全身を侵していくことを知って下さい。

いずれ医学界でもこの事実が解明される日が間違いなく来ることでしょう。

塩を悪者にする学界では塩のにがりの研究は全くなされていません。

読者や知り合いの中に大学病院の先生がおられましたらぜひこの問題を研究して頂きたいと切にお願い致します。

日本人を糖尿病から救う為に。(間違いだらけの健康常識より)



* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


リンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

苦汁と糖尿病

2013/02/12


今日の海の色は明るい、春が近い感じです。

苦汁と糖尿病

今まで糖尿病の根本原因は誰にも分からず、原因不明の不治の病気とされてきました。

食べ過ぎ、運動不足、肥満、加齢などと言われてきましたが、どれも根本原因ではありませんでした。

糖尿病はいまや社会問題となり、 現在の推定患者数は約700万人、

40才以上ではなんと10人に1人が糖尿病と考えられ、

近いうちに患者数が1000万人を越えると予測されています。

糖尿病合併症のために失明する人が年間約4000人、

新たに人工透析を受けるはめになる人が年間約8000人と 失明や透析導入の原因の第一位が糖尿病なのです。

糖尿病は現代の疫病とまで言われています。

今後10年間で2倍になるとも言われています。

糖尿病の合併症が進んで失明や人工透析という事態になると

個人の生活や社会活動は極めて大きな制約をうけ、 医療費も膨大なものになってしまいます。

糖尿病患者数の増大とともに、糖尿病にかかる医療費も今や2兆円に近づこうとしています。

糖尿病は胃の後に位置する膵臓から出るインシュリンというホルモンが十分に働かないために、

ブドウ糖をはじめ種々の栄養素をエネルギーとして利用しにくくなる病気です。

そのために利用されないブドウ糖が血液中にふえ

(すなわち高血糖になり)、その一部が尿糖として尿に出てきます。

そして糖尿病の状態が長く続くと血管を中心にからだのいろいろな部分に余病、合併症が出てきます。

糖尿病の合併症として 動脈硬化症(脳卒中、心筋梗塞)、 腎障害(尿毒症)、

網膜症(失明)、 神経障害、 足の壊疸(エソ)および変形、 肝障害、皮膚の化膿症、

いろいろな感染症などが出てきます。

インシュリンが不足すると、血中にブドウ糖が多くても役に立たなくなるので、

細胞はエネルギーの不足をきたすようになります。

こうなれば肉中に貯蔵されているグリコーゲンや皮下脂肪がエネルギー源として使われるため、

患者は痩せてきます。そして血中の脂肪は血管に沈着し、高脂血症や動脈硬化の原因ともなります。

特に毛細血管が障害を受けるので血行が悪くなり、視力の低下、歯槽膿漏、手足のしびれ、

神経痛などをおこします。 また、ブドウ糖が細胞内に送りこまれなくなるので、

疲れがちになり、倦怠感、無力感、性欲減退などの老化症状が表れます。

(にがりが原因で短命になるより抜粋)



* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


リンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

苦汁と冷え性

2013/02/11


今日は少し暖かいです。

天気もいい感じ


苦汁と冷え性

子宮、卵巣がにがりで硬化し冷えるからよけい血液を集めようとして

手足の末梢の分が少なくなり、冷えるようになります。

血液を送る血管自体が蛋白質でできているのでにがりの凝固作用で少しづつ硬化していき血液を手足の末梢まで送る機能が低下して冷えがおこります。

人間のからだは、寒いときはからだの表面の血管を収縮させて、

体温が外に逃げるのを防ぎ、逆に暑いときは血管を、拡張させて体温を外に発散させますが、

この血管の収縮を調節しているのが自律神経です。

血管がにがりで固くなるとこの収縮、拡張がうまく出来なくなります。

血液を送り返すアシスタント的働きの筋肉がにがりで硬化し、

血液を十分に送れず停滞が起こるため冷えが起こります。

その他、肝臓、膵臓などの硬化も少し影響してきます。

これらの一つが原因で冷えが起こるのではなく、全ての原因が総合して冷え性になると考えられます。自然塩のにがりがこんなにまで体の隅々まで影響を与えていたとは驚きではありませんか。

冷えは色々な病気の引き金になります。私は冷えはないという方でも 体の表面だけがほてっていて、内部は冷えているような人もいます。冷えていることに気づかず、そのままにしておくと、

冷えがますます進行してしまうので、自覚症状のない冷えのほうがもっと問題です。

体の不調が気になる人は、冷えを疑ってみるのがいいかもしれません。

これらの冷え性の根本原因が自然塩のにがりの凝固作用であることを表すデータとして

にがりがゼロに等しいミネラル不足になる塩、岩塩を食べている西欧の人々には冷え性が少ないということです。

西欧の人々の約700倍近くも日本人には冷え性が多いのです。

日本人の全てはにがりの多すぎる原塩で作った味噌、醤油から塩分を摂っているからです。

にがりの多い自然塩がいかに害があるか良く理解して頂けると思います。

この根本問題を解決せずしていくら足湯、半身浴、絹靴下、遠赤サウナ、

冷房をつけないなど努力してみても一時的療法となってしまいます。


ではまた


* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


リンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。


冷え性の原因は?

2013/02/10


今朝も波は少々高いです。

海岸のゴミも時化で寄って来てはまた一掃されます。


苦汁と冷え性 

日本には冷え症の方が非常に多くおられます。

特に女性に多く、二人に一人が冷え性で、あるデータでは70%の女性が冷え性と感じていると言われております。

最近は男性にも多くなり、青少年にも多くなっています。『冷え性』という言葉は、医学書には載っていません。

それらは『冷え性』であるという自覚症状になります。

冷えを感じる事が慢性化している場合、病院では『冷え症』と診断されます。

冷え性の原因はなんでしょうか?

*夏は冷房、冬は暖房の下で過ごし、衣食住の習慣によるもの

*旬の時季とは関係なく野菜や果物を食べられる恵まれた環境生活によるもの

*不規則な生活やストレスでホルモンバランスを崩し自律神経がうまく働かない

*筋力低下による運動不足が、末梢循環不全をきたすため
 
*締め付ける下着

*冷たいものアイスクリームやジュースなどのとりすぎ

*心臓循環機能の衰えによる血行不良

*消化吸収の衰えによる栄養不足
 
*造血機能の衰えによる貧血状態

*新陳代謝の異常

*自律神経失調による温度の変化への対応が衰える

など言われていますが、どれも決定的、根本原因ではありません。

根本原因は自然塩のにがりの凝固作用によって体内の蛋白質で出来ている

臓器や血管が硬化することによって起こるものが大半です。

にがりの凝固作用で腎臓が硬化し、毒素を絞る機能が低下し、

汚れた血液が血流の停滞を起こすため手足の末梢まで十分届かず冷えの原因になります。

また、にがりの凝固作用で心臓が硬化し、血液を送り出すポンプ自体の機能低下により

末梢まで血液が十分に行き渡らず冷え性になります。

女性は男性よりこのポンプ力が弱いので女性の方が冷えが多くなる理由です。(間違いだらけの健康常識より)


ではまた


* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


リンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

苦汁は特効薬?

2013/02/09


今朝は氷が張っています。

この地域では珍しいとのことです。

苦汁を薬に使う


にがりを病気治しのために処方している医院の先生がおられますが、この件の本も出版されています。

にがりそのものでガンやアトピー、難病が短期間で治るそうです。

しかし、腎臓も短期間で硬化し、寿命を縮めていきます。

にがりは即効性がある劇薬 のような働きがあります。

効果あるから使うというのは大間違いです。

江戸時代の塩の製塩も海水を煮詰めて作っていました。

煮詰めた濃いにがりの濃縮海水(かん水)をカマスに入れてにがり分を落としますがそれでも

その自然塩はにがり15%以上の濃い塩になり、腎臓を著しく硬化させていく塩でした。

江戸時代の死因の多くが腎硬化症であったと言われています。

故に寿命40~ 50くらいの短命でした。身長も5尺

(150センチ)台と今の日本人より相当小さく引き締まっていました。

自然塩のにがりは腎臓やあらゆる内臓、骨髄、筋肉、血管、神経、細胞など

身体全体を硬化させ、機能低下させていく

だけでなく、頭脳まで固くしていくので柔軟な考えのできない、頑固な性格になりやすくなります。

自然塩、玄米、菜食にこだわっている人達に頑固な頭の固い人を見かけませんか?

昔のお父さん達は頑固な人が多かったのもうなずけると思います。

頭が固くなると柔軟な思考ができにくく、発明、発見の思考力が遅れてしまいます。

西欧諸国が産業革命しているときにまだチョンマゲ時代でした。

本来優秀な日本人は与えらた課題に対してはものすご

い能力を発揮して新製品を開発していきますが世界的な発明の数からすると西欧にははるかに及びません。

ノーベル賞クラスの学者や画期的な発明が生まれにくいのはにがりの凝固作用による

頭の固さにある言っても過言ではありません。(浅井敏雄の間違いだらけの健康常識より抜粋)

ではまた



* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


リンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

陸の動物はすべて苦汁の影響を受けている

2013/02/08


今日は海は雪で何にも見えません。

この冬一番の雪が降っています。

こんな時化の中、海鳥は飛び回っています。

恐るべし海鳥

車の運転には十分気をつけてください。


陸上の動物はすべて苦汁の凝固作用を受けている


陸上の動物は全てにがりの凝固作用の影響を受けていきます。


日本の古代大和の貝塚民族で一部海水を利用して調理していた

コロボッコルと 呼ばれる集団があったことが歴史の記録に残っているそうです。


海水を直接調理に使っていて、濃いにがりのためににがりの極陽性が

身体は引き締め、背が伸びず、90センチくらいだったと言われています。


海水のにがりを直接摂っていたためミネラル過剰となり、成長を早め早熟となり、

10歳位で結婚し20歳くらいの寿命だったという史実が残っているそうです。


海水より直接にがりを摂っていたら腎臓は短期間で硬化し腎臓硬化症になってしまいます。


腎臓が硬化したら最も寿命が縮まります。


毒素排出できなくなるからです。

だはまた

なぜ海の塩が?

2013/02/07



グッピーが生まれたのですが、初めて一度に6匹も産まれたのにはびっくりでしたが

最近になってどうももっと多く産まれているのに気がついて

数えてみると10匹もいました。

最初は小さいし半透明なのでどこにいるのか分からないんですねー。

なぜ海の塩がよくない?

生命は海から誕生したのに何故、海の塩がいけないのでしょうか。

確かに生命の誕生は海からでした。


しかし、その後地上に上がった動物達は海水を飲んでいません。


地上の植物や魚介類、海藻類からミネラルを摂っていました。


動物達は海水を飲んではいけないことを本能的に知っていたのでしょう。


その後生まれた人間達も海水を調理に使うことはありませんでした。


海水を煮詰めたり、干して塩を作る知恵を覚えました。



海の魚はにがりの影響を受けないのでしょうか?


海の魚は厚い鱗に覆われていて、海水の強いアルカリでも表面が侵されないように造られています。


又、魚は海水をを飲んでいません。


口から入れてエラから海水を出しています。


魚は塩分とミネラルいっぱいの海にすんでいますからミネラルや塩分を必要としません。


魚の刺身には塩分がほとんどないので醤油をかけたり、塩味をつけて食べます。


海にすむ魚はにがりの害を受けないように進化していったのです。


海の魚の蛋白質はにがりで凝固しない特別の組成だと思われています。


自然界の生き物はその環境に順応するように造られています。

続きはまた


にがりについて

2013/02/06


今日からまた寒くなるそうです。

あまり積もらなければ良いですが・・

苦汁について


昔の日本人は、苦汁の多い天日塩を味噌、醤油のタンパク質に作用させて

苦汁の害を減らすようにしてきました。


味噌を2年熟成しても40%の苦汁が残り、5年熟成しても10%残るとされ醤油ではタンパク質が

少ないので70年くらい置かないと苦汁は無くならないそうです。


ですから本来、味噌や醤油作りは始めから最適の苦汁の量の塩で作る必要があるのです。


日本人は塩分を味噌や醤油から摂るので理想の苦汁に切り替える必要があると言っています。


また、タンパク質が少ない梅干しやたくあんは苦汁の凝固作用が直接強く作用しているので

腎臓等の硬化に影響を与えるそうです。



腎臓病の疾患が多く、その他の内蔵や血管、神経など身体の至る所を硬化させていると言っています。


ですが私も自然塩ブームで精製した塩より天然塩が身体に良いとされ摂り続けています。


ちょっと考えを改めなければいけないかもしれません。


もう少し探ってみましょう。

ではまた





にがりについて

2013/02/04


今日は立春だそうです。

春を予感させる日ですが明日かはまた寒さが戻りそうです。


塩のにがりについて


にがりについて紹介します、判断は自己責任でお願いします。


にがりは内蔵を硬め、機能を低下させると言うのです。


にがりは豆腐のタンパク質を固めて作ります。


自然塩は人の内蔵(肝臓・腎臓・すい臓・心臓)などを硬化させます。

鳥の肉を精製した塩と自然塩にそれぞれ2ヶ月間浸けたところ、


精製塩は殆ど硬くならずに自然塩は相当硬くなったとされています。


にがりは砥石やテニスコートを固める凝固剤として自然塩を使用することもあるそうです。


自然塩を食べ続けている人の内蔵も、徐々に硬くなり短命になるとあります。


私も10数年前ににがりが身体に良いと巷で話題になり数滴ご飯に入れて

炊いたりいろんな物に入れていました。


今思えば自殺行為の用なことをしていたと思うとぞっとします。


中国では自殺するのに農薬が買えない人がにがりを大量に飲んで命を落とすそうです。


つづきはまた


ホームページ復活!

2013/02/03


今朝もわりに暖かい良い天気です。

ホームページ作成

レストアはできませんでしたのでひとつずつ手入力しました。

バックアップは取っていたのですが、アドレスも書き換えられていて

そこから変える作業に時間がかかりました。


レンタルサーバーとのやり取りにも時間がかかって中々思うようにいかないものですねー。


HPは春にはまだ早いのですが桜の花のトップページにしました。


自分の撮った写真は時間を見つけて入れて行きます。


次回からはまたいろんな情報を紹介します。

ではまた


90%復元

2013/02/01


今朝も波は穏やで暖かいです。

春が間近です。


復元の可能性90%以上


レンタルサーバーとのやり取りを繰り返しようやく

復元できそうなところまできて昨日は時間切れでした。


もし、復元できなかったら最初から作り直しです。


何回もやると最初は分からなことが解るようになるから不思議です。


諦めないことが大事なのかなあ〜と思います。


さあ今日も頑張ろう!


ではまた
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。