スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹田

2012/12/18

今日は天候が良くないので外の画像は無しです。

本日も気について少し。

前回丹田をお話したと思いますが、もう少し掘り下げてみます。

丹田は練った薬(丹薬)を生むところ(田)と言う意味です。

気を練って丹薬に変えてそれを収めるところが丹田です。

普通丹田と言うと下腹部で、気功などの場合自己治癒力とかはここを指します。

気功では下丹田と呼びます。

第六感、直感力など司るのは頭の中の上丹田で、心(ハート・愛・優しさ)を司る丹田として胸の中を中丹田とし合わせて三つの丹田と言われています。

頭上部を百会と言い肛門と生殖器の間を会陰と呼びその線上の丹田に気のボールを入れて感覚を味わってみてください。

上丹田(目と目の間の少し上辺りの奥)中丹田(みぞおちの奥)下丹田(臍の下の奥)に気を入れてみましょう。

気の感覚は、練習次第でツボや丹田だけでなく、身体のどこでも感じられるようになりますので身体の色々な部分に意識を向けて気を感じてください。

これから寒くなり風邪などの引き初めで喉が痛くなりそうなとき、気のボール作り5分くらい喉に入れてやると良いでしょう。

ではまた



ゆうゆのレイキセミナー
2013年1月19日(土曜日)開催!
お問い合わせ・お申し込みはこちらから⇒http://youyu-reiki.info
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。