スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足芯呼吸

2012/12/22

今朝は暖かいですがこれから寒くなる予報が出ています。

足芯呼吸です。

聞いたことがない方も多いと思います。

この呼吸法は西野流呼吸法のひとつで、西野皓三(創始者)が行っているものです。

足芯呼吸は足の裏(足芯)から息を吸う意識で全身に気のエネルギーを巡らせた後、また足芯から息を吐くという独自の呼吸法です。

慣れるまではイメージで行う必要がありますが慣れてくると気のエネルギーが動くのが分かります。

まず、足を少し開いて立ち大きな木が根から水分を吸い上げていくようなイメージで足の裏から息を吸い上げます。

足の中を通して丹田まで吸い上げたら、肛門に軽く意識を置いたまま背骨の中を通して百会(頭頂)間で吸い上げます。

百会で軽く息を止めたまま、吸い上げた気を頭から顔の前面を通って丹田まで降ろしていきます。

一旦丹田に気を収めたら、そこから足芯に向かって息を吐き出して、いらない物全てを足の裏から出すようイメージで行います。

最初はひと呼吸では難しいですから何度でも息継ぎをして苦しくないようにしてください。

慣れてくると1回の足芯呼吸はひと呼吸で2分くらいかけてゆったりと行います。

次回は足芯呼吸の効果について

ではまた




ゆうゆのレイキセミナー
2013年1月19日(土曜日)開催!
お問い合わせ・お申し込みはこちらから⇒http://youyu-reiki.info
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。