スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にがりについて

2013/02/04


今日は立春だそうです。

春を予感させる日ですが明日かはまた寒さが戻りそうです。


塩のにがりについて


にがりについて紹介します、判断は自己責任でお願いします。


にがりは内蔵を硬め、機能を低下させると言うのです。


にがりは豆腐のタンパク質を固めて作ります。


自然塩は人の内蔵(肝臓・腎臓・すい臓・心臓)などを硬化させます。

鳥の肉を精製した塩と自然塩にそれぞれ2ヶ月間浸けたところ、


精製塩は殆ど硬くならずに自然塩は相当硬くなったとされています。


にがりは砥石やテニスコートを固める凝固剤として自然塩を使用することもあるそうです。


自然塩を食べ続けている人の内蔵も、徐々に硬くなり短命になるとあります。


私も10数年前ににがりが身体に良いと巷で話題になり数滴ご飯に入れて

炊いたりいろんな物に入れていました。


今思えば自殺行為の用なことをしていたと思うとぞっとします。


中国では自殺するのに農薬が買えない人がにがりを大量に飲んで命を落とすそうです。


つづきはまた


スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。