スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦汁と糖尿病

2013/02/12


今日の海の色は明るい、春が近い感じです。

苦汁と糖尿病

今まで糖尿病の根本原因は誰にも分からず、原因不明の不治の病気とされてきました。

食べ過ぎ、運動不足、肥満、加齢などと言われてきましたが、どれも根本原因ではありませんでした。

糖尿病はいまや社会問題となり、 現在の推定患者数は約700万人、

40才以上ではなんと10人に1人が糖尿病と考えられ、

近いうちに患者数が1000万人を越えると予測されています。

糖尿病合併症のために失明する人が年間約4000人、

新たに人工透析を受けるはめになる人が年間約8000人と 失明や透析導入の原因の第一位が糖尿病なのです。

糖尿病は現代の疫病とまで言われています。

今後10年間で2倍になるとも言われています。

糖尿病の合併症が進んで失明や人工透析という事態になると

個人の生活や社会活動は極めて大きな制約をうけ、 医療費も膨大なものになってしまいます。

糖尿病患者数の増大とともに、糖尿病にかかる医療費も今や2兆円に近づこうとしています。

糖尿病は胃の後に位置する膵臓から出るインシュリンというホルモンが十分に働かないために、

ブドウ糖をはじめ種々の栄養素をエネルギーとして利用しにくくなる病気です。

そのために利用されないブドウ糖が血液中にふえ

(すなわち高血糖になり)、その一部が尿糖として尿に出てきます。

そして糖尿病の状態が長く続くと血管を中心にからだのいろいろな部分に余病、合併症が出てきます。

糖尿病の合併症として 動脈硬化症(脳卒中、心筋梗塞)、 腎障害(尿毒症)、

網膜症(失明)、 神経障害、 足の壊疸(エソ)および変形、 肝障害、皮膚の化膿症、

いろいろな感染症などが出てきます。

インシュリンが不足すると、血中にブドウ糖が多くても役に立たなくなるので、

細胞はエネルギーの不足をきたすようになります。

こうなれば肉中に貯蔵されているグリコーゲンや皮下脂肪がエネルギー源として使われるため、

患者は痩せてきます。そして血中の脂肪は血管に沈着し、高脂血症や動脈硬化の原因ともなります。

特に毛細血管が障害を受けるので血行が悪くなり、視力の低下、歯槽膿漏、手足のしびれ、

神経痛などをおこします。 また、ブドウ糖が細胞内に送りこまれなくなるので、

疲れがちになり、倦怠感、無力感、性欲減退などの老化症状が表れます。

(にがりが原因で短命になるより抜粋)



* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


リンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。