スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦汁と高血圧

2013/02/17


今日は少し穏やかです。

少しずつ春がやってきています。

苦汁と高血圧


現代医学は病気の人に極端な減塩を指導します。

1日の塩分摂取量は2g程度にし、多くても7g以下に抑えるように指導します。

健康な人でも1日に10g以下を目標にするように指導します。

ラーメン一杯の塩分が7gほどですから、塩味の十分きいた美味しい

料理はほとんど食べられないことになります。

薄味の味気のない料理を食べるくらいなら早く死んでもよいから

美味しい物を食べたいと言う人が出るのもうなずけます。

現代医学が減塩信仰を広めてきたのは、日本人が自然塩の「にがり」の害によって

寿命を縮めるのを防いできたことはある意味で功績だと思います。

多くの老人が減塩によって無気力になり、ボケ、寝たきりになり見せかけの

データだけの無気力病人の最も多い長寿国になったという現実が残りました。

「にがり」の害のない塩、味噌、醤油なら普通の事務職の人で一日30gほど、

肉体労働で汗をかく人は一日50gくらいが適塩でしょう。

運動量により差はありますが。こんなにたくさんの塩分を摂っても何ともないのです。

一日2gというのは暴れる囚人に与える減塩食と同じようなものです。

まさに地獄のような味気ない食生活です。

言い換えれば塩分を一日2gに制限しなければならないほど自然塩は害があるということです。

全ての日本人が食べている自然塩で作られた味噌、醤油がいかに恐ろしい害があるということです。

自然塩の「にがり」の凝固作用は蛋白質で出来ている動脈を硬化させ、

動脈硬化に、静脈も毛細血管も心臓も徐々に硬化させていくのです。

細胞が硬化するということが如何に恐ろしいことかよく理解して下さい。

完全に「にがり」の害のない塩、味噌、醤油に切り替えることが

如何なる健康法を実践することよりも最重要であることを自覚して下さい。

一旦、硬化した腎臓、肝臓、膵臓、心臓、肺、脳、筋肉、神経、細胞は元に戻すことが

困難で色々な不治の病気へと進行し、寿命を縮めていきます。(間違いだらけの健康常識より)


ではまた


* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。