スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄米食について

2013/02/18



わりと暖かい雨の朝です。

今日は月曜日です雨が降っていますが、雨の氣をもらって元氣にいきましょう!

玄米食がよいのいか?

私は10数年前から玄米や発芽までして玄米を食べていました。

「間違いだらけの健康常識」を読んでから少し考えを変えることにしました。

苦汁についても知らなかったですが、常識も科学的に見れば間違いであったり

科学も未知の領域は解明されていないことが多く何が合っているかは

自分で判断しなければなりません。

みなさんも最終的には自己判断で以下を読んでみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

玄米には胚芽の部分にミネラルがたくさん含んでいるのに

何故ミネラル不足になるのか?ということです。

それは玄米の胚芽や表皮にフィチン酸という強力な排泄作用を持つ物質が多くあり、

毒素を出して病気を治していく作用がありますが同時にミネラルも出していくのです。

体内毒素とミネラルは別々の所に存在しているのではなく、

毒素とミネラルはいっしょに存在しているのです。

玄米食で体内毒素を出す時にミネラルも出ていくのです。

毒素が出ていけば病気の症状は消えていき、玄米を食べたから病気が治ったと確信し、

これからもずっと続けていこうと思う人が多いのです。

玄米を長く続けて体がおかしくなった人や短命になった人がたくさんいます。

フィチン酸の排出作用は強力なものです。

だから病気の症状が消え、ガンさえ治るのです。

玄米にミネラルが多いから病気が治るのではないのです。

玄米のアクが毒素を引っ張って出すのです。

本来、玄米の胚芽の部分は次の新しい生命の芽を出すための栄養として存在しているのです。

胚芽がないと芽が出ません。小鳥などに種籾を食べ過ぎられないように強いアクを持っているのです。

小鳥達は決して食べ過ぎません。

アクの強さ、分量を本能的によく知っているからです。

雀がたくさん飛んできても稲を食べ尽くすことはありません。

雀は害虫も食べてくれ、分を心得て共存しているのです。

雀は籾を何粒かしか食べないのに人間はアクの強い玄米を茶碗一杯も食べるのです。

玄米に含まれるフィチン酸は殆ど消化されず、体内の毒素とミネラルをたくさん引っ張り出していきます。

病気の時には短期間で効果がでますが、せいぜい数ヶ月から半年くらいで止めるのが理想です。

ではまた




* オーラレイキ入門講座・オーラレイキプラクティショナー養成講座

 3月16日(土曜日)17日(日曜日)開催予定

* ゆうゆレイキセミナー

3月23日(土曜日)24日(日曜日)開催予定




* レイキ整体

通常・初回4000円⇒75%Off1000円!!

期間限定 2月28日まで!


お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」「レイキ整体」からお入りください。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。