スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体からでたもの

2013/05/19


大量の亀発見!

こんなに多くの亀は見た事がありません。

今日は養老孟司先生の面白い記事を見つけましたので紹介します。

人は身体から出るものはいろいろあり、まず大小便を出す事を排泄といいます。

熱いときは汗が出て、呼吸は息を吐きます。

涙や鼻水、皮膚から出る垢は絶えず皮膚の表面が代謝していてはがれています、同時に皮脂も出ているんです。

また、髪の毛や爪は絶えず生えてきますが、歯は1回だけ生え替わります。

象は6回ほど歯が生え替わり抜けると、もう生えないので食べ物が食べれず死んで行くと言われているそうです。

人は普通身体から出たものは汚いと感じ大小便がそうです。

唾は口の中にある時は全く汚いと思いませんが、一旦外に吐くと汚いと感じます。

どうしてそう思うのでしょうか、人は自分の身体の境を決めているそうで、その境を超えると自分ではなくなるので特別汚いと感じる癖があるようなんです。

そう言えば食べ物を食べていて、まだ口に入れていないものが落ちても拾って拭いて食べれますが、口の中で食べていたものが落ちもても拾って食べたいと思ったことないですねー、唾でも吐いたものをまた口に入れたいとは全く思いません。

身体の境界から、いらないものを捨てたと思う気持ちがあると自分ではなくなるのでしょうか?

ではまた



* ゆうゆレイキセミナー
5月25日(土曜日)26日(日曜日)開催




お問い合わせ・お申し込みはリンクの「レイキヒーリングサロンゆうゆ」からお入りください。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。