スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断る勇気

2013/06/01



今朝はちょっと早起きして朝焼けが綺麗だったので、一枚パチリです。

この後すぐ曇りました、チャンスは一度です。

私は過去には人に何かを頼まれると断れないでいました。

断ったら気まずくなるとか、その場しのぎや体裁を取り繕ったり、信用がなくなるんじゃないかと思ったりして断れませんでした。

そのことで、自分の自由になる時間が少なくなったことに気がついたのです。

氣が進まなかったら断る勇気を持つことです。


氣が乗らなかったけどあのセールスがしつこいから仕方なく買ったとか、あの人に勧められてつい買ったけど・・・

後から文句を言ったり、恨んだりとかすることになります。

氣が進まないことは勇気を出して断ることです。

例えば、友人にお金を断れなくて貸したけど、返してくれない。

あげたと思える金額ならあきらめがつくでしょうが、そうでないなら返済を求めるべきですがそれも断れない人はできません。

断れないのならそういう友人とは交流を絶つべきです、そうしないといつまでも利用される人生を歩むことになります。

断る勇気をもたないと自分を失います、常に人に左右されて結局自分を見失います。

自分の人生は自分のものです、自分の人生の時間を自分の意思で使うことが大切です。

幸せの条件に『自由な時間』というのがあります。

断りきれない相手は、自分の幸せな「自由な時間」を人に奪われています。

仕事であれ何であれ、やりたくないことを断る勇気持って断ることは、それによって生じる不利益いくらでもカバーできるのです。

そうやって断る勇気を持つと絞り込みができて好きなこと、やたりたいことだけになっていきます。

自分に難しいことを引き受けてするよりも断れば周りにもっと簡単にできる人がいます。

そうすると、自分の自由な時間が増え幸せな人生を送れるでしょう。

勇気を出して断りましょう。

ではまた

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。