スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を認め信じる

2014/03/13


おはようございます。

昨日は恒例の浄化会でした。

話題は自分を認め、自分を信じるです。

自分に自信のない人は、人の目が気になり人のことが気になります。

そして、人と自分を比べて優越感に浸るときは良いでしょうが劣等感になるときは落ち込み、妬み恨み酷いときは憎むようになります。



人に対しての思いは自分の思いの現れです。


自分に自信のない人は、自分の言葉にも行動にも自信がありません。

そうゆう人は自分を失っています。


なぜ、自分を失うのでしょうか?

自分を失っている人は自分の嫌いな所は知っていますが、良い所や好きな所は知らないか考えたことがありません。


一度自分をしっかり見つめてみましょう。


悪い所ばかりを見てしまっているのでそれを一回書き出してみると良いです。

そして、良い所もよく自分を見つめて書いてみることで見えてきます。

すると、一見じぶんの悪い欠点が逆に考えれば長所である場合があります。

良い所見つけると、そこに自信を持って伸ばせば良いのです。


自分の関わる人やそうでない人を含めて自分と比較しても無意味なことです。

他人と自分は全く違うからです。


世界には自分は1人だけです。


自分が居るから自分の世界があり、自分が居なくなれば自分の世界は消滅するのです。

自分が生きている間は、自分の世界は自分が主人公で自分が創っています。

自分が自信を持って自分の世界を創らなくて誰が創るんでしょうか。


人の人生ではありません、人を羨んだり嫉妬している暇はありませんよ、人生はあっという間に過ぎていきます。


自分の良い所を伸ばし、今から先どうしたいのかをしっかり決め、自信を持ち行動することと思います。

すると、人も自分を認めて信頼してくれます。

自分に自信がなく自分を失っている人を、誰が認めて信頼できるでしょうか。

人類はひとつなのです。


検索⇒身体の痛みや悩みは「自然の力ゆうゆ」からどうぞ。

ではまた

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。