スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芯のあるお年寄り!

2014/04/25


おはようございます。

今日はもの凄く快晴のいい天気で海はこの上なく凪いでいます。



【改善報告】

昨日来られた92歳の女性、腰が痛いと娘さんと一緒に杖をついて来られました。

娘さんと言っても60歳代でしょうが・・・

娘さんも腰を痛めたと言っています。

まず、娘さんを浄化改善するとまだ痛みが残っていて、お伝えで聴くと人を嫌っています。

人嫌いではなく人見知りですと、人付き合いが苦手だと言っています。

最初に痛みの度合いを1〜10で聞きます。

「一番痛いときを10としたら今はどのくらいですか?」

「今は6くらいかな〜。」

人嫌いの克服には時間がかかるでしょうが、「取りあえず今は自分の出会った人に感謝すると思ってください」と言って思ってもらうと、不思議です痛みがほとんど無くなっています。

度合いはいくつくらいですかと聞くと1〜2になっています。


このやり取り見ていたお母さんは、そんなことを思ったくらいで良くなる訳がないと言っています。

思ったくらいで良くなるんならお医者さんはいらないと言わんばかりです。

ところが、この思いが自分の人生を全て決めているんですね〜。


お母さんを浄化改善するんですが、整体のように押したり揉んだりしないのに良くなるはずがないと思い込んでいます。

「腰の痛みはどうですか?」と聞くと「変わらん」と言います。

何もしないのが気に入らないという感じです。

娘さんが「良くなると思うだけで良いんよ」と言ってもそんなはずはないと言い張っています。

長年生きてきて経験しています。

こんなので良くなったのを見たことも聞いたこともないので、痛みが取れる訳がないと言っています。

こんなやり取りの中、浄化改善はちゃんと入っていました。

娘さんがお母さんに「良くならないんならもう帰ろう」と言うと、お母さんは手すりを持ちながら階段をスタスタ降りて靴を履いて歩いて外に出て行きました。

娘さんが「お母さん良くなっているんじゃないの、ほらっ杖忘れているよ」って持っていっています。

認めたくないんです。

芯が通っているんですね〜。

ではまた


検索⇒身体の痛みや悩みは「自然の力ゆうゆ」へどうぞ。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。